完全貸し切り。初診時満足率96.5%の実力をお試しください!

「いぶき館鍼灸治療院」へのアクセスありがとう御座います。

 

 

当院は、西鉄高宮駅と西鉄大橋駅のほぼ中間地点に在る、合気道場を併設した鍼灸院で、

別名「夜と土日の鍼灸院」

 

完全予約制のため、あなただけの貸切で施術を行います。

 

「昼間働いていて、鍼灸治療を受けるチャンスが無い」という方の為に平日深夜、土日祝日も施術を行っています。

 

・平日/祝日  9:00−24:00(金の17:00-21:30は休診時間と成ります)

・土日   9:00−18:00

・水曜日は定休日となります。水曜日が祝日の場合は施術いたします。

  ※水曜日も、お電話によるご相談、予約は受け付けております。

  ※予約制/当日予約可能です。施術希望の一時間以上前にお電話ください。

  ※電話受付時間9:00〜21:00(施術中は対応出来ない事が有ります)

     

  ※都合により、予告無く休診に成る場合がございます。予めご了承ください。 

《効果保証》四十肩・五十肩・ギックリ腰は効かなければ無料!

四十肩・五十肩・ギックリ腰は、一回目で効果を実感出来なければ、施術料はいただきません!

 

鍼灸治療は、いろいろな痛みへの効果が大変高い治療ですが、当院では、特に四十肩、ギックリ腰に対して、新しい治療方法を取り入れ、効果を上げております。

初回に効果が出なかった場合、初診料1500円、施術料4500円、併せて6000円が無料となります。

安心して施術をお受けください。

 

 

前日21時での空き状況です。最新状況はお電話または以下のリンクからLINEでお問い合わせください。

 

LINEへアクセス!!⇒http://line.naver.jp/ti/p/mvBNwD2iuv

 

⚪︎はまだご予約に余裕があります。 △は枠が少なくなっております。

✖︎は空きがありません。

水曜日は休診日ですが、対応できる場合もありますので、お電話にてお尋ねください。

なお、水曜日も、お電話によるお問い合わせ、ご予約は受け付けております。

私がお電話に対応出来ない場合は、留守番電話にメッセージを残してください。

折り返し、お電話させていただきます。

 

鍼灸は何が出来るの?

よく、患者様から「鍼灸って、こんな症状にも効くんですか!!」と驚かれます。

2000年以上の歴史を誇る鍼灸治療では有りますが、日本では、未だに鍼灸と云えば、「肩凝り、腰痛」が治療の中心と思われています。

もちろん、肩こり、腰痛には大変効果が高く、特に肩の痛みやギックリ腰に関しては即効性が期待できますので、整形外科に行く前にまず、鍼灸治療をお試しいただきたいほどです。

 

しかし、実際には鍼灸は内科的な疾患に対しても高い効果が期待出来ます。

 

当院では、脳梗塞後の後遺症、神経麻痺症状をはじめ、夜尿症、慢性頭痛と云った内科的な疾患から、主婦湿疹、アトピー性皮膚炎、あざと云った皮膚疾患、うつ病、不眠症、神経麻痺等の精神・神経疾患など、病院に相談しても治らなかったという症例を多く治療して来ました。

さらに、何となく元気が出ない、風邪を引き易い、頭痛が治らないなど、病院に相談し難い症状にも大変効果が高いのが鍼灸治療です。

東洋医学は、西洋医学とは全く違うアプローチで治療を行いますので、今まで何をやっても効果が無かったと云う様な症例でも、驚く程の効果が出る事が有ります。

(ただし、内科的な疾患の場合、1回の鍼灸治療で改善することは不可能とお考えください。

最低でも5回。通常は10回程度通院いただく必要がありますので、予めご理解ください。)

 

病院に相談しても治らない症状でお困りの方は、是非一度御相談ください。

ご相談はいつでも無料で承ります。

 

お問い合わせ、ご予約は 092-516-0755 (スマホではクリックすると電話できます)「お灸にGo!、慰労ならここ!」まで、お願い致します。

 

電話受付時間9:00〜21:00(施術中は対応出来ない事が有ります)

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

当院の特徴として、遠方からの患者様が多いということがあります。

そのため、できるだけ通院する必要がない様、初回での改善を目標としてお一人お一人しっかりと時間をかけて施術しており、1日8組程度の患者様しか施術することができません。

当日のご予約は厳しい場合がありますので、ご予約は早めにいただけます様お願い致します。

 

冒頭の96.5%という数字は、実は古いデータで、新たに集計した(2015/8〜2016/7)では420名の患者様にご新規で来院いただき、このうち初診時に笑顔でお帰り頂く事ができなかった患者様が13名という結果でした。

さらに、その後もこれ以上の状態が続いていますが、これ以上高い数字を書いても意味がないので、最近は更新しておりません。

つまり、ほとんどの患者様に笑顔でお帰りいただいているという事は言えると思います。

 

もちろん、初回にご満足いただけなかった一部の方々には大変申し訳なく、自分の力不足を痛感しております。

この一部の方々の中には、「実は鍼が怖くて」と結局鍼を刺すことなく終わった方も含まれますが、私が全力を尽くしても全く改善できなかった患者様には、一部、または全額を返金させていただきました。

これは当院のルールではありませんが、私としては結果が出ないことに対してお金をいただくわけにはまいりませんので、患者様にも納得いただいた上で返金させていただく場合があります。

 

とはいえ、裏を返せば大半の方にはご満足頂いており、当院の施術を自信を持ってお勧めできる根拠でもあります。

 

あなたも初回満足率97%の施術を試してみませんか?

 

 

 

お問い合わせ、ご予約は 092-516-0755 (スマホではクリックすると電話できます)「お灸にGo!、慰労ならここ!」まで、お願い致します。

 ※当院は

・福岡市国民健康保険指定はりきゅう療院

・福岡県労働基準局 労災保険指名機関

・はりきゅう費助成制度 福岡市指定施設です。

 

また当院は、エキテンランキングの大橋駅、高宮駅、竹下駅エリアで1位の評価をいただきました。

高い技術力で、皆様に安心して施術をお受け頂けるよう心がけておりますので、身体のことでお悩みなら、是非一度当院の施術を試してみてください!

 

スマートフォンは

ここからLINEへアクセス!!

 

http://line.naver.jp/ti/p/mvBNwD2iuv

 

鍼灸院の前に駐車スペースがあります。

 

写真のように、歩道にかからない様に横付けで駐車してください。

 

 

施術の手順について

当院では、すべての患者様に対して初診時には時間をかけて症状、生活習慣などを伺い、治療方針を決定いたします。

 

その後、全身治療の場合、まずは下向きに寝ていただき、、頭部、背部、腰部、脚部への鍼、灸治療をおこない、その後上むきに寝ていただき、腹部、脚部、腕部、さらに必要に応じて胸部、顔面部、頭部への鍼や灸の施術を行います。


従いまして、初診の場合、90分程度の時間を要する事もありますので、ご予約時には時間に余裕を持ってお越しいただけますよう御願い致します。

 

神経麻痺症状には一日も早く鍼治療を!

脳梗塞、脊髄損傷などによる半身麻痺に対しても、はりは効果的です。

写真の患者様の場合、脳梗塞による左半身麻痺となり、10日間入院された直後に来院。


初日は、杖をついて歩いておられ、左手も不自由な状態でしたが、1回目の治療だけで、左手の動きも、左足の動きも改善。

ご本人も大変驚いて居られました。

 

その後、週2回のペースで治療を継続し、手の方は2週間程でほぼ完治。
足についても、3週間で軽く走れるまでに回復。

最終的には6週間程、週2回ペースで施術を行い、左手は完全に回復、足の方も200mぐらいは走れるところまで回復しました。

 

初来院から6週間。13回の治療でほぼ完治するところまで来られたのは、まだこの患者様が30台後半という若さであった事、ご本人が生活習慣を改め、本気で体質改善に取り組んだ事も大変効果的だったのですが、一番の要因は、発症後10日で治療を開始出来た事だったと思います。

 

治療開始が一日遅く成るごとに、治療効果は下がると云っても過言では有りません。

神経麻痺症状には、1日も早く治療を開始することが大切だということを心に留めておいてください。

 

四十肩・五十肩 効かなければ無料キャンペーン実施中!

鍼灸治療は、いろいろな痛みへの効果が大変高い治療ですが、当院では、特に五十肩に対して、新しい治療方法を取り入れ、効果を上げております。

 

「効かなかったら初診料、初回施術料無料キャンペーン」期間中は、初回に効果が出なかった場合、通常初診料1500円、施術料4500円が無料となります。

 

お問い合わせ、ご予約は 092-516-0755 (スマホではクリックすると電話できます)「お灸にGo!、慰労ならここ!」まで、お願い致します。

 

電話受付時間9:00〜21:00(施術中は対応出来ない事が有ります)

 

不眠症・うつ病・躁鬱病等

当院では、不眠症・うつ病・躁鬱病等の心の病に対してのはり治療を積極的に行っております。

 

現在、心の病に対する治療は薬物治療が中心ですが、薬物治療は

・沢山の種類の薬を飲まねば成らず、薬を飲む事がストレスに成る

・多くの副作用に悩まされるが、医師に相談しても対応してくれない

・医師としても離脱症状への懸念から、減薬、中止がし難い

等の問題点が存在します。

 

一方鍼灸治療は、ほとんど副作用がなく、しかも近年の研究で、治療効果も確認されており、2011年に発表された文献にも「鍼通電治療あるいは鍼通電治療と抗うつ剤の併用は、抗うつ剤単独治療と比較して優位にHRSD(うつ病重症度を表す点数)を改善することが示唆された」との記載が有ります。


不眠症・うつ病・躁鬱病等でお困りの方が居られましたら、当院までご連絡ください。
無料にて、ご相談承ります。

 

お問い合わせ、ご予約は 092-516-0755 (スマホではクリックすると電話できます)「お灸にGo!、慰労ならここ!」まで、お願い致します。

 

電話受付時間9:00〜21:00(施術中は対応出来ない事が有ります)

 

【↓↓↓最新のブログ記事をご紹介↓↓↓】 その他のブログはこちら⇒ブログ

2018年

9月

20日

「痛みの種類とはり治療の効果(1)肩の痛み-1」

皆さんはどんな時に鍼灸院に行こうと思いますか?

 

おそらく一番多いのは、痛みでおこまりのときではないでしょうか?

 

でも、どんな痛みに対応してくれるのか?

 

それぐらい効果があるのか?

 

そういうことはあまりご存じない肩が多いかと思います。

 

そこて、しばらくの間、「痛みの種類とはり治療の効果」と題して

 

肩痛、腰痛、足(足裏痛)、膝痛、肘痛、頭痛、胃腸、眼痛、顔痛、皮膚痛などについて順次ご紹介していこうと思います。

 

それでは第1回目

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

「痛みの種類とはり治療の効果(1)肩の痛み-1」

 

肩の痛みが起きたらどうしますか? 整形外科?整骨院? 整形外科は骨に異常がない場合、ほとんど積極的な治療はしてくれません。 整骨院は捻挫、打撲、挫傷以外では保険が使えません。 そもそも、肩が痛くて動かない=四十肩、と単純な診断をされることが多いのですが、経験的には7割以上が四十肩ではありません。 しかも、1回で劇的に改善することも多いのです。 

 

今回は、肩の痛みの種類と見分け方をご紹介します。

 

以前にも書きましたので重複する部分があるかと思いますがご容赦ください。

 

①四十肩、五十肩

 

これは俗称で、正式には「肩関節周囲炎」と言います。

 

発症は、一般的に急激であることが多く、肩周囲の痛みで自分で動かしても他人に動かしてもらっても痛みが出て、腕を動かすことができなくなります。

 

肩の痛みで整形外科に行き、肩が動かない、と訴えると、普通の整形外科医は患者さんに触ることなく、「ああ、四十肩ですね。湿布と痛み止めを出しますので、リハビリに通ってください」と言われて終わりです。

 

実は整形外科医というのは、骨折などの重傷例には一生懸命対応してくれるのですが、こういう外傷性ではなく、手術の適応でもないものに関しては、あまり興味を示しません。というのも、その場で施術する方法がないからなのです。

 

そのため、「肩の痛み」と言われたら保険適応上「肩関節周囲炎」と病名をつけ、保険を使った治療を開始するしか方法がないのです。

 

例えば、ここで「四十肩じゃない」となると、どんな病名かを確定診断するために色々と検査をしなければならないし、そこまで一人に時間をかけていられないし、ということで普通は「肩が痛い=四十肩」として処理されるのです。

 

しかし、私の経験では病院で四十肩等の診断をされた方のうち、本物の四十肩だと思えた方は1−2割ほどで、大半は「頚椎症性神経根症」や「肩周辺の筋肉の硬直」でそれこそ1回で劇的に改善する方ばかりでした。

 

なので、まずは、本当に四十肩と言えるのか、ここを確認することが大切です。

 

治療方法が違うのですから。

 

ここから施術方針ですが、四十肩の場合、肩周囲に限局的に圧痛を感じる場所があります。

 

まずはそこに短い、細い針を刺し、少しずす刺激を加えます。

 

この時、患部に当たると患者さんは「ひびき」と言われる痛みを感じますし、施術者の鍼にも手応えがあります。

 

この患部に鍼を当てたまま鍼を操作していくと、だんだん痛みが和らぎ、手応えもへって来ます。

 

そして、圧痛点と動作時に痛い場所全てにこの操作を行うと、痛みはほとんどなくなります。

 

しかし、数ヶ月間動かしていない肩はなかなか動くものではありません。

 

そこで、ここからリハビリを行います。

 

このリハビリの際にも固まって動かなくなっている筋肉を特定し、1箇所ずつ鍼でほくしていきます。

 

こういう施術を繰り返すと、1ヶ月ほどでほぼ完治する例がほとんどです。

 

四十肩はこのように1回でとはいかないのですが、少なくとも1回目で痛みを軽減し、夜間痛を抑えることができるようになります。

 

以上が四十肩の治療方針です。

 

次回、その他の肩痛についてご紹介いたします

 

院長自己紹介

森藤誠司(もりふじせいじ)

 

昭和39年生まれ。福岡市南区向野出身

島根大学農学部卒/福岡医療専門学校鍼灸科卒

 

・はり師、きゅう師(厚生労働大臣免許)

・社団法人 福岡市鍼灸師会 南区支部長

・財団法人 日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師 

・合気道四段(公益財団法人合気会所属)

 

大学卒業後、外資系製薬会社に勤務し、営業、マーケティング(管理職)、情報技術部(管理職)を経験しました。

 

製薬会社社員として20年ほど西洋医学に関わり、営業(MR)時代に東京女子医大、筑波大学、東京医科大学他、多くの基幹病院を担当。1000人以上の医師と関わり、営業成績での表彰4回、さらに本社勤務時代に社長賞4回と十分な実績を残しましたが、60歳までしか働けないサラリーマン人生に危機感を覚え、40代半ばにして鍼灸師の道に進む事を決意。

同時に、大学時代から始めた合気道を多くの人に知っていただきたい。子供達に合気道を通じて強い人間になってもらいたいという思いから、合気道場を併設した鍼灸院を開設いたしました。

 

鍼灸師としては専門分野はありませんが、MR時代にで担当した、感染症(敗血症など)・狭心症・肺癌・膵癌・胃潰瘍・GH分泌不全性低身長症・パーキンソン病・糖尿病・ ED・骨粗しょう症・統合失調症・うつ病に関する知識と、鍼灸師として学んだ東洋医学の知識を併せて、より多くの方を笑顔にする為に頑張っております。

 

当院の治療方法としては、東洋医学的な経絡治療(患部ではなく、離れた場所のツボを使う治療)、頭皮鍼(頭部への鍼による全身治療)を得意としていますが、整形外科的な疾患で痛みがひどい時には、患部に直接鍼を打つという施術も積極的に行っており、高い効果を得ています。

他の施設で十分な治療結果が得られないと云う方は、是非一度、私の施術をお試しください。

 

いぶき館は、あなたの笑顔の為に、全力を尽くします。

 

お問い合わせ、ご予約は 092-516-0755 (スマホではクリックすると電話できます)「お灸にGo!、慰労ならここ!」まで、お願い致します。

 

電話受付時間9:00〜21:00(施術中は対応出来ない事が有ります)